【堺市】むちうち・交通事故治療で評判の整骨院とは?

MENU

 

今すぐ予約するにはコチラ

 

堺市の整骨院4コマ

 

堺市の整骨院予約ボタン

 

交通事故の後、こんな悩みをお持ちではありませんか?

 

  • 交通事故にあってどうしたらいいかわからない
  • 頚椎捻挫(ムチ打ち)の症状がある
  • 事故から日にちが経ってから手足が痺れてきた
  • レントゲンで異常なしと言われたが、違和感が残る
  • 頭痛や吐き気が頻繁におこる
  • 他院で納得のいく治療が受けられない
  • 朝起きた時、首がまわらなくてつらい
  • 寝ていてもどこか違和感があり、疲れが取れない
  • 腰が痛くて居ても立っても居られない
  • 事故後身体の歪みを感じる
  • リハビリは堺市の整骨院に通いたい

 

ひとつでも当てはまったあなたには、堺市のコチラの整骨院がおすすめですよ。

 

自賠責保険を利用することで、マッサージ・針灸・整体など、あなたの症状に合わせた治療が実質0円で可能となります。

 

さらに・・・

 

  • 面倒な保険手続きも完全サポート
  • 慰謝料請求などの相談も可能
  • 病院に通いながらの通院もOK
  • 自損事故・加害者であっても通院可能
  • 堺市にあって通いやすい

 

自動車を運転する場合は、必ず自賠責保険に加入しないといけません。その為、自賠責保険の中から療費や慰謝料が払われることになります。

 

事故に合われた方は、その治療費や慰謝料、休業補償などを実質無料で受け取ることができます。

 

少しでもお悩みならこちらをクリック

 

 

堺市の整骨院予約ボタン

 

堺市で人気の整骨院はコチラ

 

※電話または申し込みフォームから予約できます。

  • コラム


    交通事故により整骨院で治療を受けています。休業補償は出る?

    交通事故にあってしまい、長期的に整骨院で治療を受けることもあります。その場合は、仕事を休んでいることもありますよね。仕事を休めば給料も下がってしまいます。そんな時に、休業補償が出るのか、といったことを考える必要があります。

     

    こちらでは交通事故にあってしまい、整骨院に通うほどの影響が出てしまった時に休業補償が出るのかについて詳しく解説します。

     

    ■自賠責保険により休業補償が支払われる!

     

    ・原則として1日あたり5,700円がもらえる

     

    自賠責保険では休業補償にもしっかりと対応しています。長期的に仕事を休まなければならないこともあります。事故にあったおかげで、生活ができなくなってしまった、といったことにならないように対応してくれるのです。

     

    しかし、誰しも5,700円というわけではありません。実は一定条件によって、その金額はアップすることもあります。

     

    ・パート・アルバイト・日雇い労働者の場合

     

    日給を基準に支払われます。計算式は以下の通りです。

     

    ・日給×事故前3カ月間の就労日数÷90日×認定休業日数

     

    仮に、日給が10,000円で過去3カ月の囚虜日数が60日であった場合は、1日あたり約6,667円が支給されるのです。

     

    ・給与所得者(正社員など)の場合

     

    計算式は以下の通りです。

     

    ・事故前3カ月の収入(基本給+付加給与(諸手当))÷90日×認定休業日数

     

    注目してほしいのが諸手当も夫君で計算してくれることです。3カ月の収入が100万円であった場合には、1日あたり約11,111円の支給となります。

     

    ・上限あり

     

    1日あたりの上限については、19,000円となります。それを超えての支払いは実施されません。


    頸椎捻挫のリハビリ期間はどれくらいなのか?

    事故でむちうち症になる例は少なくありませんが、その時に注意しなければならないのがリハビリ期間です。特に女性は首周りの筋肉が男性より弱いので、長くかかりやすいといわれています。こちらではその頸椎捻挫(むちうち症)のリハビリの平均期間について詳しく解説します。

     

    ■1ヶ月や2ヶ月で治る例はまれ

     

    比較的長期間の通院が必要になります。すぐに事故の衝撃によっておこった身体の不具合が治るわけではありません。少しずつ身体の機能を普段通りに戻していく必要があるのです。

     

    1か月や2カ月程度で治ればよいと思っている方もいますが、もう少しかかってしまうのが基本です。

     

    ■3カ月から6カ月程度で治る例が多い

     

    頸椎捻挫のリハビリ期間としては、3カ月から半年程度になるケースがほとんどです。事故を起こしてから半年程度となるので、かなりの長期戦になります。しかし、焦る必要はありません。少しずつ症状が緩和されていくことになるからです。5ヶ月くらいになれば、ほとんど日常の生活は遅れるようになってくるはずです。ちょっとだけ症状が残っているような状態になります。

     

    ■もっとかかる例もないわけではない

     

    1年程度かかる方も実際にいます。そこまで症状が取れないようなことがあれば、後遺障害の認定をされることにもなりますよ。

     

    1年間や2年間では治らずに、3年以上通う方も中に入るほどです。特に高齢になっての事故の場合は、身体に大きな被害が出てくることもあるので注意してくださいね。


    追突事故によってむちうち症が発生|どれくらい通院するの?

    追突事故は自動車を運転していれば、いつかあってしまうかもしれません。気を付けようもない事故なのです。その事故で発生してしまう可能性があるのが、むちうち症になります。もしもなってしまった場合には、どれくらいの期間に渡り通院することになるのでしょうか。

     

    こちらでは通院期間の基準についてお話しします。様々なケースがあると思うので、症状の差によってもある程度の差はあると認識してもらえれば幸いです。

     

    ■1ヶ月から3カ月が一つの基準である

     

    ほとんどの方が1ヶ月から3カ月程度は通うことになります。軽度の事故であった場合には、1か月程度の通院で治療は終了します。ほぼそれくらいの期間で完治してしまう方もいるのです。

     

    また、少し症状が重かったとしても、通院期間が3カ月程度に抑えられているケースは少なくありません。むちうちはすぐに治るわけではありませんが、リハビリを行っていけば、症状はどんどんと落ち着いてくるものです。

     

    切り傷のように目に見えて回復することはないので、治るのかを不安に思ってしまう方も少なくありません。しかし、悩んでいたとしても、結果が出ないことは十分に考えられるのです。この点については、注意してくださいね。むちうち症の治療に関しては、焦りは禁物です。

     

    ■まれに1年近くかかることもある

     

    むちうち症の症状が重くなると、半年以上の通院が必要になることもあります。保険補償額を超えてしまうこともあるので注意しましょう。あまりに長期間治療に時間がかかるのであれば、追突事故の相手に対して慰謝料請求することも視野に入れるべきです。


    追突事故後の腰痛は後遺症になるのだろうか

    追突事故後に首の痛みやコリといった、頸椎捻挫といった症状が出れば事故の後遺症と言っても過言ではありません。しかし、注意してほしいのが腰痛です。追突事故後に出て記帳胃痛に関しては後遺症として認定されるのでしょうか。詳しく解説します。

     

    ■腰痛も後遺症の一つとして認定される!

     

    事故後にどんな症状が出たかが大きな問題になるのです。そしてその症状と事故の因果関係も重要です。

     

    腰痛に関しては、十分に事故の影響であると証明できます。事故の衝撃はかなり大きなものです。その衝撃が事故の影響ではないと証明するほうが難しいといっても過言ではありません。

     

    ■頸椎捻挫と腰痛が同時発症するケースもある

     

    ・頸椎捻挫だけ
    ・腰痛だけ

     

    上記のように単体だけ症状が出てくるケースもないわけではありません。しかし、首周辺の痛みやコリと、腰周辺の痛みが同時に出てきてしまうこともあります。医療機関における治療についても範囲が広くなるので、しっかりと補償してもらわなければなりません。

     

    ■腰痛の痛みに対処する方法

     

    痛めてしまった直後については、なるべく動かさないようにしてください。安静にしているのが一番なのです。

     

    一方で、症状が安定してきた場合には、ちょっとしたリハビリを開始すべきです。整骨院や接骨院でマッサージを受けるのもおすすめです。さらに、腰回りに筋肉を付けて痛みをカバーする方法もあります。実際に腹筋を付けると、腰痛が軽減する例もあるのでかなりおすすめの対処方法になります。